数日前転職先の会社を探すために人材会社へと登録に行きました。

  • 先週新しい仕事先を探すために人材バンクへ登録を行いに行きました。カウンセリングを行うために出てきた担当の方が見た感じ仕事の経験が少ない社員のようで、私が話したことの50%ほども理解ができていない模様。そのうえ「キャリアデザインが甘すぎますね」とか「きちんと強みと弱みを知っておくことが大切でしょう」とか、一人前の話を偉そうにのたまうので非常にイラつきました。カウンセリング担当者はある程度カウンセリングの経験がある人にしてほしいと感じます。


  • 今ある自分のスキルを活かしつつ、就職活動する場合は、…

  • 今ある自分のスキルを活かしつつ、転職活動したいと思っているなら、そのスキルがプラスになる転職しやすい業種としづらい業種を知っておくと仕事選びに役立ちます。すんなりと転職がかなう業種としては、たえず人手不足になっている「医療・介護」の分野が代表例といえます。医療・介護系の仕事は看護師や介護士の「資格」が必要で、ハードルが高く、資格保有者に有利な業種といえます。今現在、医療従事者として勤務している人が、理由あって異業種に転職したいと考えているのなら、よく考えてみてからのほうが良いです。「医療」「介護」以外のほとんどの業界は、流動性は決して高くないということを理解しておきましょう。というわけで、簡単に考えない事が必要です。再就職をされるのであれば、ほかの分野の仕事ではすんなり受け入れてくれる先が見つからないと、気をつけておきましょう。


  • 仕事を探している際にマークする求人というのは、一般的なものと…

  • 職を変えようと考えている時にマークする求人情報については、通常のものとして載っている、という可能性も少なくはありません。そのため、載っている内容はすべて間違いのないものだとあてにするのはやめておいたほうが賢明です。とりわけ生活に大きくかかわってくる給与の金額などにおいては、平均的な額なのか?最低額なのか?最高値なのか?というような判断ができないケースが多く、適当な判断でわかったつもりでいると、今後、悔しい思いをする事もあるでしょう。それゆえに、そんな風にならないためにも、求人内容はうのみにせずに、そういった件は会社に直に確かめるのが妥当でしょう。


  • 退職|もし再就職の前に、今の会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると・・

  • もしも転職前、今の会社にいる人たちがそのことを知ってしまうと、職場の空気が悪くなる可能性があります。周囲との付き合い方によっては、やっかまれたり意地悪されることもあるかもしれません。さらには、残業時間を増やされる仕打ちも考えられるので、むやみに「転職します」と周囲に伝えるのは考えものです。上記のトラブルを避けるために、現在の仕事場では、真面目に仕事に取り組んでいましょう。誠実な態度を見せることで、良い状態のまま最高の形で会社を辞めることが出来ます。また、円満退職に至れば、転職後にも、あなたが何かあったときに相談できる機会も出来ます。規模などに関係なく、どういった会社であっても、繋がりなので、辞める前のトラブルは、可能な限り警戒しておきたいものです。


  • 将来的に、ぐっと簡単な労働は機械によってその移り変わりによっ・・

  • 今後みるみるうちに考えなくてもできる仕事は機械に置き換わって当然のことながらそういう仕事をする稼働人口は縮小させられてしまいます。というのは、考えなくてもできる作業という観点ではヒト以上に機械のほうが数段に利便性にすぐれているからです。例えば、数量を計測したり、同じ動作をずっとリピートしたりすることは機械では当然何の苦もありません。人と違って不満を言わないし、疲れることもないし、ズルもしないし、正確な作業ですし、均一化できるのも魅力です。また、人と違って給与も発生しません。ですので、人を使う理由が到底無いため、機械に置き代わるのも必然ともいえますね。


  • 転職を行うとき、予め、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはネット上の求人情報を閲覧したりし・・

  • 転職活動を始めるとき、事前に求人雑誌を見たりして転職したい会社を調査するでしょう。当該会社が情報を公表する際には、コンサルタントが主導している場合が少なくありません。コンサルタントは、会社に不都合な情報を隠す傾向があります。たとえ公表する場合でも差しさわりのない表現をします。そういった会社紹介や社長の意見や社員のインタビュー情報などは、額面通りではなく、半信半疑で受け止めておいた方が良いでしょう。心地よいフレーズを鵜呑みにしてしまったら、期待していたことと全く違うとあとになってから後悔しかねません。悪意ある会社は、素直な人間を取り込み、その後は、いろいろとイチャモンをつけて退社させないように謀略を練っています。そういった「ブラック企業」の求人には警戒しておきましょう。


  • 前の求人誌には、雇用側が必要とする「性別」について・・

  • かつては求人情報には、雇用主が必要とする人材の「性別」まで書かれているのが一般的でした。しかし最近では、1985年に男女雇用機会均等法が成立した影響もあり、採用時、男女の差別をしてはいけないルールができて、応募資格の概要に「性別」の表記ができなくなりました。でも、募集する側には性別に関係なく同等に雇用のチャンスを与えてくれるとは限らないのです。そのため、実際は男性必要としている業種に、女性の応募が殺到したり、女手が必要な案件に男性が来てしまったり、というようなトラブルに悩まされる場合もちらほら。もしも、「女性が活躍できる職場です」なんて書かれている求人募集の場合は、雇用側が働き手は女性を必要としている、と読むのが無難です。


  • 退職|派遣の会社に登録しています。インターネットサイトの中…

  • 今、私は派遣会社に登録しています。ウェブサイト内で気の向くままによさそうな仕事を見つけて確認してみると「その仕事はすでに他の人でお話が進んでいます」という答えられ一瞬サイトからもお仕事情報が消えるのですが、その次の日にはまた載っています。これって要するに私ではダメだってことですよね。そういうことであれば変に隠さないくらいにはっきりと言ってくれるといいのですが、なかなかそういうことにもいかないでしょうか。そうでなければもしかすると存在しない架空の仕事なのでしょうか?


  • 自分が勤め口を探していたころかなり複数の人材紹介会社に登録していました。

  • かつては割と多くの人材紹介会社に登録していました。その際に思ったこと、それは転職アドバイザーの質においても多様で大体は物足りなく感じる人ばかり。こちら側は人生かかっているのにもっと真剣に向き合ってほしいという願いが積もり積もってしまいました。それが発端となり自らキャリアカウンセラーを目指すことになりました。キャリアカウンセラーの資格を取るのは費用も必要でしたし勉強においてもとてもきつかったのですが、就活中の人にあなたが担当者でよかったと言ってもらえる人間になるために頑張っています。


  • 退職|楽しみながら転職と付き合う事が出来れば、メンタルに重荷を感じることもないの・・

  • 将来に目を向け、たのしい気持ちでいながら転職をすることができれば、精神的な重荷を抑えられるので、転職活動の間の堕落も避けられるでしょう。そのうえメンタル部分が健やかであれば、すぐ、転職先も見つかるはずです。一番良いのは、スムーズな隙間のない時間で新たな勤め先を見付けることが大事です。現在の会社を退職せずに次の仕事を見つけるのがベストだと思います。それに、間をおかなければ退職後もすぐに働けます。そうすることで、職歴の空白期間をなくせるため、履歴書にもキズがつかなくて済みます。すなわち、再就職の際に不利になることがないということです。先を見据えて、うまく転職活動を進めていきましょう。


  • 政治によって変化の出始めている転職事情ですが、安倍総理による現政権によって…

  • 昨今の転職事情は、政治による影響が出つつあります。安倍総理が舵取りを行う現政権下では、アベノミクス「三本の矢」など、多くの経済政策が盛り込まれています。内閣が打ち出した経済政策共々日銀主導の金融政策とも、たがいに作用しあって、財界や民間企業間においても次の世代の変化が出つつあります。そのような変化の中で、民間企業の側でも今度は労働人口の減少による「働き手が足りないこと」が大きな社会問題になっています。また最近では、「外国人労働者」の数を今以上に高めていくであると安倍政権は宣言しています。国内の雇用や転職問題も大きく幅が広がりそうです。このような社会情勢の変化によって日本国内の雇用や転職事情にも、変化していくのは間違いありません。


  • 安定的な人生を願い「正社員」になりたい人はかなり多いのが現実だと思います。

  • 安定を願い「正社員」として働こうと思っている人は多いのが現実だと思います。けど、即戦力として働けるように資格を取得するなどして努力しても、正規雇用が現実化しないこともあります。契約社員の求人情報は充実しているのに、正規雇用の求人に固執し、応募しない人も少なくないでしょう。万一あなたが正社員として雇ってもらうのが厳しい場面に遭遇したのなら、派遣社員に応募する事も考えた方が良いでしょう。契約社員の募集を掛けている企業でも、成果によって2,3年で契約社員から正社員への転身を狙えることもあるんです。ですので面接を受ける際に、「正社員登用」の機会があるかどうかをヒアリングしておくと人生設計にも役立ちます。


  • 転職をスムーズなものにするには、前もって情報を集めることをしておきましょう。

  • 後悔しない転職するとを目指すのなら、最初に意味のある情報を収集することをしておきましょう。そうしようと思うのなら今を見るとどんなに中小零細企業にもかかわらず公式サイトに会社の紹介を書いている企業がほとんどですから、ネットを使ってあれこれを手に入れるとまたその会社のなんだろうと思う点などをチェックしておくと転職の助けになってくれます。加えて公式ホームページ以外にも、「転職サイト」を利用してみるのも意外な発見があるはずです。さらに、インターネット以外の方法として、何より転職を考えている希望の職場を自分の目で判断してみるのも良いと思います。


  • 看護婦という名前だった看護師というのは働く者としてやっぱ・・

  • 昔は看護婦と言われていた看護師は資格としてやはり女性の多い職場です。そして、気力だけでなく体力ともにひどく消耗が激しい特徴もあります。なので、職場環境での対人関係の問題や、自身の結婚や出産などのイベントでそれまでとは同等の勤務が継続できなかったりして、仕事とプライベートのバランスを取りづらい業種ともいえます。実際、そういった問題によって転職する人が多い傾向にあります。看護師という職種の労働市場は看護師は、人材不足な状態に陥っています。つねにどの医療機関も看護師が足りない「売り手市場」であるため、それが転職希望が後を絶たない状況となっています。


  • 転職で、派遣社員」で考えている人にぜひ覚えてほしい点がいくつかあります。

  • 転職で、派遣社員という勤務形態を考えている方にぜひ覚えてほしい箇所が数点あります。なんとなく派遣社員と聞くと「電話対応」「データ入力」「その他雑用」といった仕事を想像する方が少なくないとは思います。本音を言うと私自身もそう思ってました。今、勤めている職場に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募したときに電話応対と聞いていました。直接派遣会社から伝えてもらっていました。しかし、実際に働き始めると、まさか「電話対応」に加え、辞めた正社員の穴埋め業務を頼まれました。的確に動けるわけもなく、面接のときの説明とはかなり違っていたので毎日非常に困っています。今は、ひたすら「一刻もはやく契約終了日が来てほしい」と願うばかりです。


  • 退職|今の自身の勤め先や仕事の中身について多くの人は不満を感じていると思います。

  • 現在のあなたの職場や業務の中身について不満の中に、「自分の持っているスキル・能力がきちんと評価してもらえない」あるいは、「賃金は平行線だし、出世の見込みもない」といった内容が多いように見受けられます。でも、気持ちは理解できます。しかし、上記のような悩みを持っている人のなかには自分の持っている技量を実際よりも「過大評価」していることが多かったりします。自分を過剰評価していることに気が付いていない人が転職しようとすると、「自分を生かせる求人がない」と無駄にブランク期間ができると言う事に陥りがちです。ので生活自体に支障をきたすおそれがあります。ですから再就職で成果をだすためには、実際の自分のキャパシティを今一度、厳しく評価してみることから始めてみましょう。


  • 転職をする際の面接で会社側からクールビズで良いとと言われる場合があります・・

  • 転職の面接での身なりはクールビズ可とと書かれていることもあります。しかし、クールビズのスタイルで赴くのは実際は社会人として常識に欠けるのでは?と感じてしまいます。クールビズの悩みを抱え込んでしまっている人たちに言っておきたいことが、クールビズで良いとされた面接は書かれている内容をそのまま守った方が良いです。色々悩みすぎてしまい、夏にスーツをびしっと着る格好をすると相手側に不自然に思われますから、企業側からクールビズで良いと事前に聞かされたのならクールビズのスタイルで行く方がいいですよ。


  • 自分の大好きな分野の仕事に就きたいという風に思っている人は気をつけた方が良いです。

  • 得意なことや好きなことを仕事にしたいという風に思っている方は要注意です。私が実際に経験したことなるのですが、私は、食べることが本当に大好きでそれが高じて、過去には、飲食の世界で仕事をしていた時期がありました。そのレストランでの業務は、その飲食店で担当していた業務は、簡単な盛り付けやホール業務でした。この業務内容に関しては、嫌とかいったこともなく楽しんでいたのですが、職場の人間関係に疲れてしまいました。ということが原因で、退職することになったのですが、その影響からか、あんなに大好きだった食べること、そしてその飲食店でメニューとして提供していた食べ物も嫌になってしまい、よく似た飲食店にはしばらく経った今も行けていません。当時のにおいを思い出すだけで不快な記憶が蘇ります。仕事に就いた頃は、大好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。自分自身の大好きなジャンルの仕事に就きたいと夢見るのは悪いことではありません。ですが、あなたの「好き」は、どのくらいすごいのか、改めて判断する必要があります。


  • 転職の面接でいるスーツの色味については、新卒の方が就活・・

  • 転職の時の面接で着用するビジネススーツの色に関しては、新卒の方が就活の時に着る色味が良いです。ということは、黒系や紺系のダークな色味になります。それが、転職であっても、スーツの色味はこういった色がほとんどで、それ以外の色の人はほぼ見ることはありません。それ以外の色と言うと、まれにグレー系のビジネススーツを着用している方が若干いるくらいです。割合からしても黒や紺のスーツを着用する方が大多数を占めています。ですから、会社側から見ても黒や紺色のスーツの方が当たり前であるかのように感じます。ですから、第一印象という観点では推奨したいわけです。


  • この話は友人の話です。始めに新卒採用としてどうしても入社したかっ・・

  • こういう転職というのは兄の知人の話です。就職活動を始めて新卒採用で入社第一志望であった目標であるA社の最終面接で不採用となって、それから先嫌々ながら別の会社に入りました。それから2年経たぐらいに派遣の求人のサイトでA社の紹介予定派遣の求人を見つけて、どうにかしたくなり当時の会社をすぐ辞めて、A社で派遣就業を開始、思い切った行動ですね。真面目に頑張ってその後どうにかA社で正社員として仕事をすることができ、今ではやりがいを持ちながらいきいき働いています。




  • 広告:マリッシュの口コミ

    退職|もし将来、転職したいと考えているなら、事前に「資格」を取っておくと選択肢が増えます。

  • もし将来、転職したいと考えているなら、転職前に資格を取得することで選択肢が増えます。また、仕事を続けながら資格取得をしておくのがベストです。転職活動の際にそれを生かせるので、次の仕事も見つけやすくなります。なので、在任期間中での資格取得が一番最適です。キャリアアップを考えているなら、実際に役に立つ資格を取得しておくと、現在の仕事を辞めたとしても心残りもなく、前に進んでいけます。さらには、資格を手に入れることで転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、面接で面接担当者に即戦力になる人材だと判断され、今までより待遇も良くなる可能性があります。


  • 退職|転職を考えているのなら年収に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 新しい職場(転職先)では、すぐに「年間報酬」を高望みしないほうが無難です。特に、転職した初年度は、ほとんどの場合「試用期間」を含んでいる企業も可能性が高いです。私の場合はやっとのことで新しい職を見つけることができたのに、予想に反して前職の年収とほぼ同じ額でした。加えて、仕事内容もきつく、たいへん責任のあるもので、はじめの1年は、本当に労力を伴いました。そういった経験から、初年度は、仕事を覚える年と割り切り、出来る限り転職以前から貯蓄をしておくべき、と思います。