TOP

退職|再就職する時に準備しなくてはいけない履歴書などについて・・

  • 転職をしようとする場合、必ず準備する履歴書においては、だいたいは手書きではなく、パソコンで作るというのが普通です。日本の社会では履歴書や職務経歴書については手書きで作成するということが一般常識だと思われることも多いですが、それは新卒の人たちの就職活動やアルバイトに関してであって、実際には、転職については履歴書は必ずしも手書きでないといけないとはっきりとは言えません。自筆の履歴書や職務経歴書を評価するケースもありますけど、そうではない時が徐々に増加していていますので、パソコンで作った履歴書でも大丈夫な会社は多いのです。


  • 退職|転職エージェントは大手に限って、潤沢な案件を扱って・・

  • 転職エージェントは大規模であるほど、多数の案件を抱えているという長所がありますが、その反面、転職を希望するライバルも大勢います。それゆえに気になる企業を探し出したとしても、担当スタッフのほうで「転職できる見込みがない」と判断すると応募してもらえないこともありますし、会社から見て自分よりも評価の高いライバルがいると、そのライバルを優先することも考えられます。このように大規模な転職エージェントは、サイトへ未掲載の案件をデータ庫として扱っており案外応募できないので、方針を変えて中小規模のエージェントに対し、応募したい会社や案件に関して相談し、応募できませんか?と話しをしてみると、自分のために働きかけてくれることもあるので、そのような活用法もあります。


  • 転職というものをしようと考えたとき、転職先での自分の給与について気にする人が…

  • 転職というものをしようと考えたとき、転職後の自分の給与について気にする人がどうも多いです。とうぜん大半の方は、仕事というのは収入を得るため、行うものです。だから生活費を手に入れるために働くはず。だから年収は自身の社会的な価値を知る値という見方もできるから、当然大切なのは当然ではあります。ですが、必要以上に年収の額にとらわれすぎてしまう人生というのもさみしいものです。それより年収にあまり反映されない仕事であってもやりがいを感じられることが少なくないからです。


  • 退職|「シフト制」の勤務形態がある仕事についての話です。

  • 「シフト制」の仕事についての話なのですが、毎週、特定の曜日に入れる人を募集している求人を頻繁に見るのですが、もし、応募しようと思っているならシフトの出し方や休み方について、あらかじめ確認しておくべきです。それはどうしてかというと、私は過去、産休で休む人の代わりにと正社員として入社したのですが、そこでは、「土日」固定のシフトだったのですが、新入社員の私以外は、誰一人現場にいませんでした。産休に入った人が「土日」に必ず出ることができたので、私自身も必ず出勤できると思われていたみたいです・・・。ですから「土日」に外せない用事が入ると、シフトを変わってもらうときは、同じ部署の先輩方に「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と私が依頼しなくてはいけませんでした。給料も立場もほぼ同じなのに土日は一人だけなんて・・・。今思うと腹が立ってきます。


  • 退職|人による紹介で転職する先を探す人もいるでしょう。

  • 人からの紹介によって転職する先を探す人もいるでしょう。ただし、転職した先の労働環境、それと労働時間などの大切な部分を友人知人からの口コミを過剰に信じると問題になるかもしれません。というのも、ある特定の人による口コミ情報はどうしても伝える側の主観が入ってしまうから客観性に乏しくなります。つまり知人にとって、かなり良い働く場所に思えても、、自分自身にとってはまったくそう思えない場合かもしれません。またその逆も然りです。ということで、職場環境については口コミだけに頼らずに、最終的には自分の目でチェックしておくようにしましょう。


  • 転職活動中の採用面接に関して、やめておいたほうがよいの・・

  • 転職時の採用面接でのやめておいたほうがよいのは度を超えた猫かぶりは、予想に反して逆効果です。そうならないために猫をかぶるよりも面接時は、「産休」などの、普通であればかなり質問しづらい内容を思い切って率直に聞いた方が最終的にあなたのためになります。信じがたいかもしれませんが、「そんな無遠慮なそういった質問をすることで結果が不利になるのではないか」と危惧する人もいるかもしれません。しかし、意外なことに、マイナスの結果をもたらすことは最終的には可能性が高いのです。こうしたお金や労働環境に対する内容は、仕事をするとなれば、誰もが聞きたい事項ではあるのに、しかし、面接応募者の多くは、普通は質問できません。けれども、あえてそんな状況で踏み込んでおくと、「言うことはちゃんと言える人だな」と面接担当者へのアピールとなるのです。