TOP

再就職する際に行われる面接のときに着用していく腕時計については、…

  • 再就職する時に行われる面接のときに着用していく腕時計に関しては、どう見ても目立つものはつけて行かない方が好ましいです。腕時計で目立つものというのは見るからに高そうに見える腕時計とか、というだけではありません。その反対でチープに見える腕時計の印象を持たれてしまうとか、そういう目を惹くということで真逆で目を惹く、ということで捉えておいてください。腕時計においてもポジションとしてはネクタイやスーツと同様に、面接するにふさわしい無難なものをしたほうがベストだと言えます。ですが、年齢にあっている腕時計ということもとても重要で、新卒の時に用意した腕時計よりはわずかであっても値段が高いものにした方が好ましいと言えるでしょう。


  • 退職|たいてい一流企業では、「定期採用」で人材募集することが普通なので、…

  • 一流企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるため、転職で入りたい場合は、時期を考慮しなくてはいけません。おまけに、都心を離れるとその確率はずっと低くなりそうです。ただ、製造業においては、地方の工業団地付近に製造工場を持っていることも可能性が高いです。さらに、そういった地方の工場に的を絞れば、事業拡大などの節目に「人員募集」を併せて行っているので、このタイミングに転職するのもいいでしょう。地方の工場に転職したいなら、転職を希望する会社についての下調べから仕入れておきましょう。その企業のHPをチェックし、求人がないかしっかりとチェックすると良いでしょう。


  • 今までは、求人情報は「転職サイト」を使うより、「ハローワーク」に通っていました。

  • かつての私は、求人情報は「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」を使っていました。というのもほとんどの転職サイトはシステム上、都心部での求人情報がメインになっているためです。これまでの求人情報をチェックする時は、いつも「ハローワーク」を使っていました。やっぱり、掲載されているいくらか企業や給料といった条件は見劣りしますが、地域に寄り添った企業が多く、探しやすい魅力があります。ですが、「ハローワークを利用したことがないから不安」と感じている方も多いかもしれません。良い求人もそこそこ掲載されているのでこれから転職を本気で検討しているのなら、参考までにハローワークへ1度は行ってみるのも良いと思います。「転職サイト」みたいに多くの電話やメールもありません。


  • 退職|ある古物商の会社で書類審査に受かりました。2、3日・・

  • とある古物商の求人に応募し、書類審査に合格しました。2、3日して相手方から面接の日時を指定してもらいました。しかし、当日、指定場所へ行ってみると、相手の面接の用意が全くできていない状況でした。待っていると、所長らしき人が面接担当をしてくれましたが、たいへんにだるそうな対応の状態のままかろうじて面接が終わりました。ところが、約束の日を過ぎても、採用結果は告げられず、気になったので、自ら問い合わせてみたところ、「面接結果に関しては、郵送で本日送付しました」と告げられました。しばらく待ちましたが、結局、届きませんでした。もう一度連絡をした結果、どういうことなのか、「残念ですが不採用とします」、とこちらが話す隙もないまま電話が切られてしまいました。あまりのことに呆れ返ってしまい言葉も出ませんでしたが、本心から、不採用で良かったと感じています。


  • 最近はパソコンやスマホを使えばネットの世界では、要する…

  • パソコンやスマホで調べればネット上には、今では「転職に関するサイト」と呼ばれるものがそこらじゅうに存在しています。サイトを見て自身の目的に合致した転職先を見いだすにはまずは情報を収集することから始めましょう。サイトをうまく利用することで満足度の高い転職が実現します。最新情報が満載で、転職希望者にとって役立つ情報が満載で、客観性ある内容に富む「転職サイト」がある一方、それとは真逆なメリットが皆無なサイトもあるので、注意しておきましょう。利用して間もない頃は、実際に信用していいサイトであるかを見極めることが大切ですから類似サイトと比較しながら厳しく確かめてみてください。


  • 退職|人生初の転職を行うのであれば、忘れてはならないのはなぜ現職を辞める必要があるの…

  • 生まれてはじめて転職をする際、重要なのはなぜ現在の仕事を辞めたいかについてはっきりしておくことだと断言できます。その理由こそが根本の問題になるので、必ずやっておいた方がいいでしょう。問題を解決してくれそうな企業を決めることになります。転職活動は、新卒時の就職活動とは異なり、今の仕事を行いながら転職活動しなくてはならないことから、時間的な余裕と、気力体力が必要になります。したがって理由がはっきりしないまま転職活動を開始した場合、途中で行き詰まってしまう可能性もあります。何がなんでも転職したい、現状を変えたいという強烈な気持ちがない場合は転職活動を始めるのは、しないほうが良いでしょう。


  • 再就職の際の面接では、中小企業クラスの場合、概ねその社内の「人事」担当者が面接官になりますが…

  • 転職のときに行われる面接というのは、零細企業クラスの場合概ねその社内の「人事」担当者が面接官になりますが、どこでもそうとは限りません。直接、これから一緒に仕事をする現場の担当者、簡単に言えば課長や部長などの管理職が当たることになるでしょう。とりわけ、営業系や事務系に転職する場合は資格による人の判断をするのが難しいですから、自信をもって自分をアピールしていくことが必要なのです。面接担当から「この候補者はハッキリ自己アピールできるし、頼りになりそうだ」と思わせ、覚えていてもらうことが大切です。


  • クールビズ(軽装)をして再就職の面接にチャレンジする場・・

  • クールビズの格好をして転職の面接を受けに行くときには、さすがにジャケットは着なくても安心であると間違いなく言えるのですが、ネクタイはしておいた方が印象が良くなるのでお勧めです。ネクタイもしないで良いと考える会社も存在する可能性はあります。ですが、ネクタイについてはクールビズでもしなければならないと思っているところがあります。それゆえ、クールビズ(軽装)で大丈夫だと言われていてもネクタイにおいては必ず着用から行った方が印象が良いというのはお知らせしておきます。