TOP

転職活動では、とても重要なのが「面接」である。

  • 再就職をする場合、重要なのがまぎれもなく「面接」である。よくある面接では、応募者に対して転職理由や仕事の意気込みなど将来の展望など、さまざまな点を尋ねると思います。そして必ず、面接の終盤になると、転職希望をする人からの逆質問に切り替わります。面接官から、「何か弊社について疑問に感じる点はありませんかね?」と。と聞かれた際に面接者本人が対応できず、質問を遠慮してしまうかもしれませんね。こういった場面に備えて、事前に面接担当者からの問いに際し、聞きたいことを準備しておくと良いかもしれません。すべてを把握していない職場ですし、いくつかの疑問点は見つかると思います。ぜひ、試してみてください。


  • このように特に昨今の企業の労働背景のめまぐるしい変・・

  • 昨今の雇用形態が大きく変化したことに際して、全世代の中で若い世代は敏感に感じ取って大方、将来のキャリアアップのために、色々と考えているのでしょう。なので、サラリーマンや労働者といった人たちの「流動化」が活溌になっているので、一層、後々若い世代の転職への関心度が増加すると思われます。「流動化」によって一つの会社に縛られない生き方は当然のことと認識されていくでしょう。「終身雇用制度」が実在した頃は、「会社を辞めて転職」というとそれだけで評価が下がるとも言われて転職しようにもうまくいかない人も多くあったのです。しかし社会が変化し今現在の会社に固執する意味がますます無くなってきています。


  • 転職活動をしていると、面接で高い確率で聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動をしていれば、面接で「志望動機」「転職理由」の2点について、必ず尋ねられます。「志望動機」は、ありのままを話して差し支えないですが、転職理由について正直に話すのはよくありません。例をあげれば給与に関する不満、上司と相性が悪いことなど、面接担当者に好印象を持ってもらえるものではありません。おそらく、自分の得にならないことをそのまま話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそういった点を注視しやすいので、遠回しに聞き出そうとしてきます。これに対して悪い印象を与えるのを回避する方法として、現職の仕事の内容以外には、触れないように心がけることです。加えて、この企業に入ってこんなことを実現したい、5年後はこうなっていたい、そのために御社に応募しました、と志望動機に話をすり替えてみましょう。


  • 退職|実際に失業保険の給付を受けるためには、求職活動をしているという証明が必要となります。

  • 失業保険を毎月、給付してもらうには、求職活動をしていることの証明が必要になりますが、しかしながら、実際は「ハードワークから解放されたし、とりあえずは働かずにゆっくりしたい」と思うのが本音だと思います。ですので、心から求職活動をしている風に見せる方法があるので以下に紹介します。月に一度のハローワークスタッフとの面談はあたりまえですが、そこで、「求人票」をチェックすることを最低限やらなければいけません。本気になって探すモチベーションがわかないときは、求人票を真剣に閲覧しているフリをして、(ハローワーク職員との)面談時に「自分にあう仕事や、希望していた仕事が残念ながら今回はありませんでした」と言って、次の機会を探すという方法もあります。


  • 派遣社員であっても、契約期間を過ぎたら自身の好きなタイミングで辞められるワケではないと…

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、1年ごとに好きな時にすぐ辞められるというわけではないことを転職を通じて感じました。私は結婚し、落ち着いたらすぐに子供を持ちたかったので、子供ができるまでと思い1年半~2年ほど今の続けられれば良いなと思い就職しました。フルタイムでなく派遣社員ということもあり、正社員よりも給料は少なかったのですが、仕方なく時間的な自由を優先するために、あえて選択しました。しかしながら、入社したあと、一緒に働く人たちのほぼ全員10年以上も続けて勤務していらっしゃったのです。たとえ派遣であってもすぐ辞められる雰囲気ではないと気づき、悩みが増えました。


  • 転職するため職探しをする際に注意して欲しい求人内容は…

  • 就職するため職探しをするときに特に注意が必要な求人内容は、そこまできつそうな仕事ではないのに給料がよく、拘束される時間が長いものです。このような求人の場合、給料に『みなし残業代』が含まれている場合が多々見受けられるます。みなし残業代というのは、別名『みなし』とも言われ、30時間・45時間という感じで求人の記載内容に時間の併記があるはずです。毎月この程度の残業が想定されるので、はじめから給料形態に残業代を組み込んでおく、といったシステムです。仮に求人に『みなし残業代50時間込』とあれば、「書かれた時間分の残業代を含めると、これだけの給料がもらえます」という求人になるわけです。しかし、悪質な求人情報では記載しておくべき『みなし』を表記していないこともあるのでしっかり気を付けてください。


  • 失業したときに給付される失業保険は、失業中でなければもらえません・・

  • 失業時の助けになる「失業保険」は、失業している間もらえるが、給付される期間が定められています。それまで働いていた期間に応じ、90日とか120日とかが決まるのですが、世の中にはこの現実を理解していない人がいます。期間の制限ががないと思い込んで失業保険がもらえるからと遊び続けている人もいますが、給付期間の終わり際にやっと自分の誤りに気付き急いで職探しをしても条件のよい仕事を探すのは困難です。転職候補となる会社の面接官もバカではないので、「いつ失業したか?」「失業してからどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたのか?」について大よその想像が付く。状況によっては、面接担当者からそのような質問を食らう可能性もあります。きちんと返答できなかったり、すぐにバレる嘘をついてしまえば、採用は極めて難しくなります。


  • 転職によって職場を一新するということは、自身に合う勤め…

  • 再就職して仕事先を一新するということは、自分自身に適する自分の理想に近い場所を選びたいものです。勤務先を変えることによって、あなたに適した仕事に有りつけるかもしれません。しかしながら、マイナスの面も持ち合わせていて、それ相応の労力やスキルがないと、転職自体がままなりません。違う言い方をすると、自分の価値をあげれば、天職に就くことができるチャンスも高くなる、ということ。今の社会は、職業選択の自由が権利として認められているので、転職して転職を選んでも特に面倒なことはないでしょう。人の流動性が高くなりつつある現代は「価値ある人材が欲しい」と願う企業もどんどん増加していますので、このチャンスに転職を考えてみるのもアリだと思います。


  • 求人についての情報を見てみると、とうぜん大部分の株式会社では…

  • 求人関連の情報を見てみると、ほとんどの場合、大部分の会社では月にもらえるお金がしっかりと記載されていますよね。ただしこの月収の項目を頭に入れる時には、注意して確認する事が大切です。値だけでわかってしまわないほうが良いです。実はもしかすると、月収の金額のなかに「毎月10時間の残業」が含まれているかもしれません。要するに残業代の金額を入れて魅力ある案件に見せて、人材を確保しようとしているケースも考えられるのです。そのほか、「歩合給」をプラスする、といった案件も要注意です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せているケースもあるんです。そういうわけで、そうやってよく分かっていない人たちを扇動しながら人材募集を掛ける会社は「ブラック企業」な可能性も高いので、警戒しておきましょう。