TOP

転職時の面接では、正直さがマイナスに作用することがあります。

  • 転職時、必ず面接をすることになるでしょう。人事担当から「転職理由をお聞かせください」といった形で、質問されるはずです。このときに、どういった訳があろうとも、前の仕事場での「働く環境」「人づきあい」についての不満に受け止められる回答は、極力口にするのは避けるべきです。なぜなら、此の様な内容の話は、心象を悪くしてしまい、チャンスをダメにしてしまいかねません。そのため面接では「前向き」な人柄をアピールするのが必要です。実際の理由とは違っていても、「新しい職場においては、自分の能力をより発揮し、キャリアアップを目指していくつももりです。」といったような未来形での話ぶりが担当者の心証はよくなります。


  • 転職活動では、履歴書と職務経歴書を用意することが必須だとされています。

  • 転職活動では、履歴書と職務経歴書が必要不可欠といえるでしょう。ほとんどの会社が履歴書に加えて職務経歴に書かれている内容を見た上で面接するかどうかを判断するため、ともかくこの2枚の書類の作成が重要といえるでしょう。単に穴を埋めるだけにとどまらす、記載内容が充実していることも大事です。「職務経歴書」では、今まで経験してきた職務の詳細や、可能な限り自己アピールとなる内容を記載します。また、過去だけでなく、現職で挙げた実績も良いアピールとなります。たとえば売上をこれまでの○パーセントアップ達成した、など明瞭に記してみましょう。難しいと思う場合は、「転職エージェント」に、職務経歴書のチェックをしてもらい、うまい言い回しのヒントを得てみましょう。自分のブランディングのために転職エージェントを利用するのも満足のいく転職をするための良い結果を導きやすくなります。


  • 退職|転職をする活動中はとにかく、ゼッタイに自身の心のうちが…

  • 転職活動を行う際は、まず常に自身の心が慌てないことをとても忘れないようにしましょう。まだ会社の仕事を辞めないで転職のための活動される場合は、たいしてそうでもありませんが、退職したら行うのだったら、どうしても焦りが出てしまいます。なので、冷静に転職活動を続けるのを忘れてはなりません。今後、自分がやってみたいことや、理想とする職場の雰囲気を明瞭化しておきましょう。希望する職場と比較してみて、それらが合致しているかどうか、冷静になって考えてみてください。そうすることで、良い転職先が容易に見つかるはずです。


  • 退職|転職したい会社の見学は、非常に参考になります。

  • 転職したい会社で会社見学などがあれば、とても参考になります。会社見学できる会社の中でも、「職人」がいる会社は、職人技を間近で見られるのでワクワクします。が、残念なことに「職人」がいる会社見学は、見学者には絶対、いつも通りの仕事現場を見せてくれることはありません。典型的なのは、ずばり、ブルーワーカーなどの分野です。この業種では、癖の強い人が多いので実際に働きだしてからでないと、実際の姿はみえないものです。なので、会社見学で見たものをすべてだと考えないことが重要なのです。加えて、見学時に実際に仕事体験ができる会社はとても危険ですから正直言って、良い会社とは言えません。入社していない人間には、問題が起きたとしても、それに対する保証がないため、仮に、勧められたとしてもやんわりと断るようにしましょう。


  • 退職|転職の面接を受けに転職したい会社へ赴いたときのこと・・

  • 転職のための面接に出向いたときのことです。会社で会議室が空きがないとのことで社外の会場で待ち合わせて採用面接を行って、その場所で解散をして、面接を行った方もそのままそのまま帰宅するとのことでしたが、驚くことに自宅の最寄駅が一緒だったのです。結局は電車内でも一緒に話をしながらいっしょに帰ることになり、結果として緊張がなくなり面接しているよりも話が弾んで、それが功を奏したのか無事に採用を掴み取ることができました。


  • 女性の再就職は、今現在と数年前では多少の違いがあります。

  • 女性の転職については、今現在と数年前では若干の変化があったりします。一昔前は会社側から既婚者なら出産の予定などについて、質問されることがほとんどでした。ところが、今は「セクハラ」の恐れがあるとして、質問を避ける会社が増えています。名の知れた大企業ほど、タブーとして神経質になっているといいます。とはいえ、面接する側としては、YES・NO、の2択ではなく、その女性の姿勢結婚後も働きたい、出産後は仕事にすぐに復帰するつもりかなどを当然、把握しておきたいとは思っている事でしょう。自らの人生設計を知ってもらうためにも、志望した動機や自己PRと並行して伝えることで、企業側にも認識してもらえ、安心できると考えられます。ということで、たとえ、聞かれていないことでも、先にあなた自身から率先して話をしておくのが良いでしょう。


  • 退職|職探しをするにあたっては、ウェブ上でのエージェントのお世話になる場合もあるでしょう・・

  • 就職活動には、ネット上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント)要するに斡旋を行う会社が存在しますが、たとえその種のところに登録し、幸運にも新しい仕事をゲットできたとしても、失業保険の給付を受け取ることはできないので注意しましょう。ハローワークを使わずに就職しても給付してもらえないのであとで後悔しないように気をつけておきましょう。なお、「ハローワーク」を介して斡旋された会社に就職したときは、就職に備える準備金として、一時金が支給されます。ウェブを拠点にする就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。ただ彼らは、企業から「紹介料」を手にするだけで、失業保険の給付手続きなどはしてくれません。このことについて知っておかないと失業中にお金がもらえなくなるため、気をつけておきましょう。


  • もしもあなたが転職しようと考えた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」にお・・

  • 再就職を希望したとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において都市部から郊外・地方に移り住んだうえで再就職したい、と興味を持っている人も、実践している人も増えています。最近では求人情報サイトを駆使すれば、地方での求人情報も閲覧できるようになっています。ですが、郊外や地方での求人情報は、都市部のような選択肢は期待できないのが欠点といえます。なので、求人情報サイトを利用するのは当たり前ですが、求人サイトにプラスして、「地方自治体・商工会議所」などの情報サイトもマメに確認しておくと良いでしょう。「地方自治体・商工会議所」といった機関が開催する転職サポートの情報も注意してみておきましょう。


  • 転職を行うにあたり、今務めている会社を退社する時に失業保険の給付を受けるための手続きが必要です…

  • 転職を目前にしているなら、「失業保険」給付手続きをしておく必要がありますが、もしもあなたのほうから退職届を出して退職する、いわゆる自己都合退職であった場合は即座に失業保険を受け取れるわけではなく手続きをした後で失業が認められてから3ヶ月経ないともらえないのです。ですので、会社を辞めたその翌日からキッカリ3ヶ月で受け取れる、と誤解しないようにしてください。実際にそういった間違いをした人が、ハローワークのスタッフの方が間違っていると思い込んでハローワークのスタッフと口喧嘩をしているのを見たことがあります。因みに退職者の都合ではなくリストラのような、「会社都合」での解雇の場合は、失業が認定されれば即座に失業保険が給付されます。


  • 20代前半の時点で転職を2回し、現在、資格の勉強をしながら・・

  • 20代のうちに転職を2回経験し、今現在は資格取得の勉強をしながら、派遣社員で働いています。フルタイム勤務ではないので手取りは安くなりました。ですがその分、前よりも心と時間に大きな余裕が生まれ、満足しています。思い返すと、学生のときにいくつか資格を取得し、仕事をできる人はとても少ないです。実際、そういった人をみるととても羨ましいと思ってしまいます。以前の私は、成功している人と自分とのギャップに何度か劣等感を感じることもありました。しかし、結婚を契機に生活そのものが大きく変化し、以前よりも明確な目標ができて充実して毎日を過ごせるようになりました。