TOP

「転職サイト」は、大手のほうが豊富な量の求人情報が掲載されているた…

  • 転職サイトはメジャーなサイトであるほど案件が多いので、気に入った2,3の会社を、転職サイトに登録しておいて、勤務地・年収などにチェックマークを入れて、あとは条件に合う案件が自動的に通知されるように設定しておくと情報が集めやすくなります。とはいっても、初回に限っては登録するのが非常に大変なので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」をしっかりと作成しておき、それらをテキストファイル化し、コピー&ペーストしながら登録を進めていくと便利です。登録をする初回時は少々時間がかかることから、案件の検索や、その後の応募も大変な作業になりますが、その後は、新規案件を確認するだけでOKなので、後の応募を考えれば、初回にしっかりと準備することを頭に入れておきましょう。


  • がんばっている転職活動の際、「かつて、このような価値のある…

  • いい転職をしようと転職する活動中に、「振り返るとこういう仕事を長く続けました」「過去の仕事によって、このような技術に磨きを掛けました」と実績・セールスポイントをしっかりアピールしようと考える人は頻繁に見かけます。ところが、志願し新たな組織で「将来、こういったことに挑戦したい」「こういうような内容の事ならできれば貢献できるに違いない」と未来形として自己をアピールを狙ったほうが過去の実績以上に反応が良いはずです。この点を踏まえて転職活動をがんばってみましょう。


  • 派遣のお仕事が決まりました。就業1日目に営業を担当している・・

  • 派遣の仕事が決まりました。勤務1日目に派遣会社で営業を担当している人と就業先の近くのコンビニで落ち合うと約束をしていたのですが、営業担当者がどうしたことか約束をしたお店の前にいないので店の中にいるのだろうと思いコンビニエンストアの中に入ったところ、担当者はこともあろうに雑誌コーナーの前に座り込んでいかがわしいグラビアのところを開いてみているではないですか。こんな担当者の仕事なんて勘弁してと判断し、その場で声をかけずに店を出て即刻派遣会社に辞退すると連絡をしました。


  • 転職サイトあるいは転職エージェントを通じて、転職活動を行うことは現在では常識といえるかもしれません。

  • 転職サイトあるいは転職エージェントを活用して、転職活動する人は少なくありません。ですが、より転職のチャンスを増やしたいのでしたら、それと同時に転職フェアの利用が有益です。転職フェアでは、多くの企業が同時に参加するので、そこに足を運ぶことによりあなたの気になる企業の情報を効率的に得られますし、同時に、説明員等を通じて、その企業がどんな雰囲気なのかある程度わかります。今後、転職フェアに参加する機会があれば、面接に行く心構えでしっかりとした準備をしておくことがおすすめです。フェアでの交流の中で企業から気に入られれば、後に応募して面接の本番時に有利になることが期待できます。


  • 退職|転社を繰り返す日々を止めるためには、コツが要ります。

  • 転職を繰り返す日々を止めるための術が一つだけあります。スキルを向上させることもそうですが、精神的なスキルを磨くと転職を繰り返しません。現在はネットもあるので、精神面を強くするヒントはとてもたくさんあります。また、意外と思われるかもしれませんが、転職とは関係のない行動をすることも精神面を強化することが可能です。何かと言うと「海外に行くこと」です。海外は、文化、生活様式、言語など、違うことばかりなので、刺激をたくさん受けることができます。なので、帰って来てから変化があるのです。帰国すると、「自分の視野の狭さ」に気づき、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと感じることができます。その気持ちのまま、(転職のための)面接に向かうと、今までの面接とは違い自信満々に自己アピールができるはずです。ただし、退職してすぐは、精神的に弱っていることが多いので、心の回復のために休みも必要です。


  • 『転職したい!』と考えていて、その意志が強いのであれ・・

  • 『今すぐ転職をしたい!』と思っている人でその意志が強いのであれば、退職したいということをすぐに上司にそのことを伝えるべきです。なぜならば相談という形で話せば言いくるめられるおそれがあるので要注意です。実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、話がこじれて退職までに半年ほど掛かってしまいました。はじめて直属の上司に相談したのが年度末で、なぜか退職が認められたのは同年の11月です。本音は年度末を退職のタイミングにしようと考えていたのに、思うようにはいきませんでした。会社にも人事の采配が必要なのは分かりますが、さすがに上司を含め、会社ぐるみでズルズルと伸ばされたので、心底職場に対して失望しました。


  • 退職|求人に関係する情報をチェックする際、「デスクワークがしたい」と思っている人ほど…

  • 求人に係る情報を見るとき、例えば、「事務系の仕事をしたい」と考えている人ほど製造業に目を通さない人がいますが、そういった人の多くは「製造業は製造マンの求人募集だけだ」と勝手な思い込みで認識しているケースもあります。事実、製造業の求人募集でも、現場に出る製造の仕事だけでなく、総務・経理と言った 人材 や購買、営業管理のような「事務系」に類する仕事もかなり存在します。製造業がある場所はビジネス街のような雰囲気はないのでアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはその点がマイナスに映る人もいるかもしれません。だとしても、自らのエゴをなくすことで意外な発見があったり、スキルアップのチャンスがあるかもしれません。


  • 転職をするにあたっては、いろんな経路で情報を得ることが多いと思いますが…

  • 転職をするにあたっては、いろんな手段で情報を収集する人が大半だと思いますが、転職についての口コミサイトは絶対に利用すべきです。以前、会社に不利益となる悪い口コミが書かれたという理由から、サイト運営者に対して損害賠償請求をした事例がありました。会社の都合で退社した元社員の復讐によってそういった口コミが投稿された、と見るのが一般的ですが、別の角度から見れば、ウソばかりの投稿であれば、会社側が対処しなくても良いはず、ともいえます。または、実際には『クロ』で「周囲に気づかれたら恥になるから、早く火消ししなくては!」と思っている可能性もあります。「口コミサイト」も囃し立てることでアクセス数がアップするなどのメリットがあるので黙認していたりしますが、よくない内容の口コミが目立つのは、それだけ関わったらトラブルに遭遇する覚悟をしなければいけないと捉えておいて問題ないと思います。何より、善良企業の場合トラブルなんて発生しません。


  • 転職をしようとするときに、まずまず勤務先の会社の退社手続きをして…

  • 転職活動を始めるときに、まず勤務先の会社に退社の意向を伝えてから転職しようと考える人もいますが、そのような場合にはボーナスの支給日について事前に調べておくのが無難です。社員にボーナスを出す企業は山ほどありますが、ボーナスがもらえる会社であれば、ボーナスが振り込まれる日がすぐそこまで迫っているのであれば、ボーナスをもらった後で退職するという考えも得策です。ボーナスは結構大きな額なので、手に入れなければ損ということも分かりますから、辞職する際にはボーナスについての規定と支給日を確認するのを忘れないようにするのが賢いやり方です。


  • 生涯初の失業保険の給付を受ける際に、「期間内は自動的に受け取れる」と考える人…

  • 生涯初の失業保険をもらうケースでは、じっとしていれば受け取れると考えている人がたいへん多いですが、それは誤りです。実は、失業保険の給付を希望通りにもらい続けるためには、職探しを行っていなければならず、それに加えて、月に一度はハローワークに行く必要があります。月ごとに職員に求職活動の状況を報告して真摯に仕事を探していることをわかってもらえれば翌月も保険を受けられる仕組みとなっています。仮に、本気で就職活動に取り組んでいないと判断されたり、毎月のスタッフとの面談に不参加なときは、ルールとして給付がされなかったり、酷い場合は以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、気をつけておきましょう。