TOP

退職|就職活動において、年収は大変重要なポイントです。

  • 就職活動において、年収はかなり大事なポイントです。ほとんどの場合現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。現実の年収より多く言って、多額の年収を獲得しようと試みても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、「源泉徴収票」が必要となり、一時的に騙せたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、結局はウソがバレてしまうためです。運が悪ければトラブルに発展することもあるので、現在の会社での年収を正確に伝え、それに釣り合う希望年収額を設定するのが賢い選択となります。例をあげると、現在の年収が300万円の人が転職後にいきなり500万円になる可能性はないものと考えておくべきです。仮に、現在が430万円の年収であれば、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくのが良いです。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、入社後のトラブルとなって、一時的に転職先に合格をもらったとしても、退職を余儀なくされることを招きかねません。


  • 再就職をスムーズに行いたい場合、それなりの準備は必須です。

  • 転職活動では、相応の準備は必要不可欠です。とくに、「ファッション」を大事な部分だと感じてしまいます。ただ、現在の面接では、私服が多い企業があるので、ガッチリとスーツで決めて面接に向かわなくてもいいでしょう。とくに会社の創設間もない会社などは、お堅い規則もないことが多く、私服で面接を受けたほうが、印象が良くなります。そして、正装ではないので、ざっくばらんに会話がしやすくなります。さらに、私服を見せることで面接のなかで、服装について、相手との話が広がる可能性もあります。ですから、担当者へのアピールにもなります。というわけで、転職活動は企業の「設立した年」をチェックしてみて、(ベンチャー系企業相手の)面接時には正装はせずに私服で勝負してみるのもアリかもしれません。


  • 日本には”石の上にも3年”という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。

  • 古来より”石の上にも3年”というコトワザがありますが、「終身雇用制度」は崩壊に向かっています。「転職」を経験する人が増え、当たり前になりつつあります。とはいえ、「仕事を変えること」が珍しくなくなってきたとはいえ、簡単に転職を選択してしまうのは考え物です。転職を検討する際は、適した時期を捉える必要があります。初歩として、現在の職場・仕事の内容について、不服を強く感じていることを箇条書きにして最低でも5項目、多くて10項目は書き出してみてください。そうすることで、再就職がスムーズになるはずです。そして、もし将来の進むべき道が見えてきたら、尻込みすることなく、今より良い職を手に入れるべく努力することも大切です。


  • 転職先を決めるとき、やりがいを考慮することも大切だけ・・

  • 転職なら、むろん仕事におけるやりがいアップと共に年収のアップも大切なポイントなので「年収サイト」に登録をして事前に調べています。同一の会社でその上全く同一の職種、社歴であるのに人によってとても違いがある場合も多数あって、正直に言うと面接を受けた時に質問したことがあります。面接官も同じサイトを見たことがあるようで「ああ、高収入で書かれているのは、書いた人間も誰かそこそこ予測はついているんですけどね、多分格好をつけているのでしょう。低い方の給料で心づもりしといてください」とのことでした。


  • そのうちでも転職することを希望しているのなら、今の仕事・・・

  • 今からでも転職活動を予定しているのなら、今いる職場・業務の何に不満があるのかをリストアップしてみましょう。できていて当然と思われますが、意外とそうでもないのです。元々不満にガマンできないから転職しようと思っているはずです。が、「ちゃんと現在の職場や仕事の客観的に考えた不満なことを書き出す」ことを大半の人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、現状より悪化する事をあるでしょうがどこまで許せるかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職選びでの失敗は大きく減らせます。そのあと、もしも転職した場合、「今の仕事よりも不便になりそうなこと」を明確化してみましょう。転職できたとしても、すべての問題が解決するとは限りません。しかし、メリット・デメリットの両方をあらかじめ理解しておけば、転職の失敗は防ぎやすく、成功することが可能です。


  • 退職|派遣で働いています。労働契約法によりやむを得ず、長い期間働・・

  • 派遣で勤務しています。派遣法とかの関係で残念なことに長く働いた企業での勤務を終わらせなければなりません。同じ派遣の方の中には、派遣の勤務先で正規社員のポストをつかんだ方もいるのですがそれは実際のところ仕事が優秀というわけではなく派遣先の上司へのあしらい方がうまい人でお引き立てがあった気配。業務上のスキルよりおじさんにゴマをするスキルの方がいるんだねーと別の派遣の仲間と職場で愚痴を言ってます。


  • 再就職の時の面接などの際にもし名刺を差し出された場合…

  • 転職の時の面接などの際に担当者が名刺を差し出してきたら、あなたも名刺を相手に差し出す方が良いのか?差し出さなくてよいのか?と対応の仕方に迷ったら、一般的には差し出す必要はないと考えておきましょう。面接に関して言えば仕事の一部ではなく、職に就くための採用活動内のことです。ですから大体は名刺を交換する時とは違います。それに、あなたは会社の人としてではなく、個人のことでそこにいるわけです。ですので、もし相手の方から名刺を渡された場合であっても、あなた自身は名刺をもらうだけでよくて、担当者に相手側にあげる必要性はまったくないと推測できます。


  • 退職|転職を視野に入れているならいろいろな企業の情報の詳細…

  • 転身しようと思っているなら労を惜しまずに多くの会社の情報を定期的にチェックしておけば就職先を選ぶのにかなり役立ちます。あなたが今の職場に不満足だと感じている場合、いざ転職活動をはじめたとき、どの会社もいいように見えます。そうなると、どこを選べばいいのか判断が難しくなり、判断を間違えてしまいかねません。結果的には短期で転職を考える羽目になるので、事前に会社の良し悪しを判断するための目を養っておくべきなのです。方法としては、転職したい会社の雇用関連の情報に目を通すだけでなく、会社の取引先を見る事です。透明性を重んじる企業は取引先を公表していますし、逆にそういった企業ではない場合、宣伝ばかりしかしない傾向があるので、確認しておいて損にはなりません。また、会社によって個人でのグループに入っている企業があるので、グループ名をチェックして内容を把握しておくのも良いと思います。