TOP

転職すると大体の場合、それまでの仕事での大方の出来事は美化されます。

  • 仕事を変えると、だいたいの場合はそれまでの仕事での多くは美化された記憶となります。実際のところ今の仕事内容が合意できないから、そういった思いをどうにかするために、どうにか退職を決め、転職することになったのに、しばらくして過去を振り返ると、不思議なことに転職後の会社よりも「前の仕事のほうが良いのでは?」と思い始めるのです。極めて当然のことで、以前の職場では業務をこなすことに慣れていてわけなく日々の業務がしていたのも一番の根底にあるでしょう。だが実際は「やっぱり転職などするべきでなかった」といえるほど、前の会社の方が待遇が良いことがあります。


  • 初挑戦となる業種などに転業する際には、以前の仕事で、自・・

  • 全く経験したことがない分野などに転業するときには、前の職場で、自分が身についた能力や今までの経験が生きるという内容のアピールが必要です。未経験の業種の場合、その分だけその業界で今まで働いてきた人たちよりも正直、不公平な状態になりますが、自分自身が保持しているスキルがその場でも十分に発揮できるということをうまく伝えることができれば、戦える場合も十分にあります。そのため、経験のないジャンルにチャレンジする際には、その業界とこれまでに自分がしてきた職務との関係性を見つけ出してみましょう。


  • 働いていることで心的に相当につらくなってしまい、職場を変えなくてはいけない状況に追い込まれたのな…

  • 働いていることで心的な負担が大きくなり、会社を変えなければという気持ちになったなら、そのときは、会社(の関係者)と相談していくより身内などの近しい存在の人と相談して、会社を辞めるかどうか判断した方が良いです。というのは、仕事をするということは当事者であるあなた自身のためでもあります。が、しかし同時に身内の問題でもあるのです。毎月、納得のいく高給をもらっていたとしても、メンタル面がボロボロになるまで無理しながら仕事をするのは好ましいわけがありません。現代は、働く当人が働きやすいことを重視していっても良いはずです。ですから気に病むことなく、あなた自身の身内や、あなた自身の心身の健康を考えていきましょう。


  • 転職のための活動は企業そのものというより、人事や採用担当の面接官…

  • 転職とは、希望する企業相手というよりも人事や採用担当の面接官との勝負といえます。面接で良い印象を与えるために、初歩として面接が始まるときに焦る気持ちを隠し、平常心でいるように心がけましょう。例えれば「お見合いする」と捉えておく望むのも大事でしょう。また面接係員はまず最初にあなたの内面的な素質を判断されるのでマイナスな印象につながる態度は注意し避けましょう。社会人らしいきちんと整った服装を意識してください。あなたらしさを表現できるといいでしょう。企業にとって採用したい人材と感じてもらえれば、きっと自然と良い結果も出やすくなるでしょう。


  • 退職|長きにわたって接客関係で仕事をしてきましたが、年齢を重ねるにつれて…

  • 長年にわたって接客業で仕事をしてきましたが、年齢を重ねるにつれ立ったままの仕事は体力的にハードなため、座り仕事であるオフィスワークへ仕事を変えることを考えて動きました。事務の経験がなければなかなか厳しく、それなら接客の経験も活かせる受付兼医療事務を目指そうと考え資格も獲得して個人のクリニックに転職しました。周りはベテランのパートさんだらけで人間関係においても難しい。夜間のシフトばかり押し付けられて、接客業で働いていた時より帰宅時間が遅くなってしまったのですが、まずキャリアを形成しなければいけないと思って仕事を続けます。


  • 退職|今と違った企業につきたいと転職をしようとがんばって・・

  • もっと良い会社につきたいと転職をしようとがんばっている場合、「1秒でもはやく、内定がほしい」と考えてしまうはずです。が、内定通知ほしさのばかりに、自身の能力について、嘘の申告をしたり、またその反対に自分を能力を安く見積もった売り込みをするのは出来るだけ避けておきましょう。大事なのは焦る感情にガマンして、冷静に客観視しつつ、あなたに適した職場を探すことに専念することが重要なのです。これまでのキャリアを活かせるように、加えて、今後のキャリアアップが見込める会社を賢く探していきましょう。


  • 今日では、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようにな・・

  • 「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあり、労働条件違反の取り締まりが強化されたり、悪質な会社が公表されたりするなど、不利益を被るシステムができてきましたが、完全には程遠い状況です。面接で見破る方法があります。とにかく、求人票などで労働条件をチェックし、それらの項目ひとつひとつについて細かく質問してみましょう。相手が「ブラック企業」な場合、記載内容にウソがあったときは、返答が不自然になります。「その場ではちょっと答えられない」といった逃げ腰になります。とりわけ「給与」「残業」「休日」の3つに関しては、詳細について聞くと、困った表情をする可能性が高いです。それでもめげずに尋ねていくと、ブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされた態度を見せるので、そこでようやく相手のウソを確信できます。この手の会社は、約束を履行してもらえないばかりか、入社後もふてぶてしい態度を繰り返される可能性が高いので、変だと思ったら、入社はキャンセルするのが無難でしょう。


  • 退職|勤務していた会社で性格が合わない上司に嫌な気分にさせられ・・

  • 昔務めていた会社で嫌な上司に悩みを持ち、これ以上は無理だと思いその会社を退職し、同業者の別の企業に乗り換えました。転職先の会社では上司が温厚で非常に充実した日々でしたが、少しずつ会社の業績が落ち込み、とうとうある会社に経営統合されることとなったのです。偶然にもその経営統合先の会社が驚くなかれ以前勤務していた会社で、とても嫌いだった上司がもう一度私の上司となることに。こういう悪いめぐり合わせとは、どれほどご縁があるのでしょう。当然ながらまた転職活動をやり始めています。


  • 退職|転職活動を行う上での最後に残る厄介な問題として、今勤務している会社の退職があげられます。

  • 転職活動を行う上での最後の問題として、現在勤務している企業からの退職があります。転職先の企業から採用の内定をもらえたとしても、現在所属している企業があなたを放出したくないとして慰留するというのもありがちな話です。そうなってしまった場合、何としても退職する、という強い意志を貫くことが重要といえます。仮に会社に残るように説得されて、一時的に残ったとしても、一度辞めたいと思った会社には、最終的には愛着もなくなってきます。スムーズに退職するためには、会社の規定をチェックしておき、退職までに必要な日数を超過する年月以降に退職日を定め、退職届を書いておきましょう。それから、決定権を持つ上司と直接、話し合い、この退職にはどんな交渉も受けませんとキッパリと伝えましょう。「円満退社」で現職を終えることも転職活動において大切な要素となってきます。


  • 退職|転職活動と現職の同時進行を行っている人は少なくありません。

  • 転職活動を現在の仕事と同時進行させる人が多いです。しかしながら、仕事を行いつつ求人情報をチェックしながら、その応募手続きをしたり、面接に行くのは心身ともにハードです。さらに転職活動時は、今の会社の同僚や上司に隠さなければいけません。そんな状況下で、「とりあえず応募しておこう」という人がいますが、そうした場合に書類選考が通り面接の連絡が来た後で辞退すると今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを使って応募していた場合は、エージェントに悪いイメージを持たれてしまいますし、他方自分で直接、応募した場合でも、相手企業から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。いずれにせよ自分の大切な時間をドブに捨てることになりかねないので、行く気のない案件は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は新卒の就活とは全く異なるものであると理解しておきましょう。