TOP

今後転職活動をされるなら、良いと思える求人(OR 業種・・

  • 今から転職活動をするのなら、良いと思う求人(OR 職種)を見るたびにマメに「〇〇業、ブラック、デメリット」とインターネットでチェックしておきましょう。求人票・転職エージェントから入ってくる言葉からは、その業界に関するマイナス面について教えてはもらえません。もしも、ブラック案件が蔓延している業界なら、簡易的なインターネット検索によっていとも簡単に多くの事例に触れられるはずです。そうした面を知らずに入社してしまうと、後々に痛い目に合うおそれがあります。そもそも求人募集が出ている理由が「内容がきつく、人が定着してくれない」といった場合も多くあります。気になる案件・業種については、下調べをし疑問点を払拭した上で、応募しましょう。


  • 退職|再就職をする際でほとんど質問されるのは以前勤務していたところを辞め・・

  • 転職をする際に面接でかなり高確率で質問されるのは前職を辞めた原因についてです。この質問になった場合には話題を辞めた会社に向けない方が賢明です。辞めた経緯が中心となり話が進むと必然的に悪い印象を与える要素を取り込んだ話題になってしまうので。この点を上手に進めていくにはどうして前の会社を辞めたのかという事をこの会社に必ず入りたいと思っていたからといった話の中身に向けていくということで、自己アピールもかねて今、自分が面接に来ている会社の方に話を向けていくべきなのです。今面接をしている会社のことであれば悪い面ではなく良い印象を与えることができる前の職場を去った理由にすることができます。


  • 転職サイトに一旦登録すると、電話やメールでしつこいくらい連絡が入ってきます。

  • 転職エージェントに登録した場合、電話・メールで執拗に連絡が入ります。そのため「転職エージェント」の利用が初めての人は非常に驚くケースが多々あります。転職エージェントは転職を後押しすることが役割だとされるので、とても積極的にアプローチしてきます。その中でも大手のエージェントは、転職を成功させると企業から報酬が入る仕組みなため、転職活動をしている人の都合よりも企業側を優先的に考えることが多いものです。また、彼らは、契約数を増やしたいために、内定を得た瞬間に、入社を強引にすすめてくることが多いです。防御策として自身の気持ちや意思を明確にしておき、妥協した形の転職とならないように充分に注意しておきましょう。


  • もしもあなたが、現職からの転職の意思を固めたのなら・・

  • 万が一あなたが、現職からの転身を決意したのであれば、まったく一緒に働く人にはひそかにその意思を知られないように、首尾よく活動していき、転身先が決まっていない間は、社内の人間に気づかれないようにいつもどおり業務をこなしていくのがとても安全です。それならば転職先探しに容易に見付けることができなくても、転職予定を保留しながら、現職にそのまま継続してもトラブルにはなりません。でも思わず「転職するつもりでいる」と口にすると、会社は、その言葉に合わせて応対し出します。そのうえ社内の人間に「辞めるつもりです」と言ったが最後、周りからは「あの人はもうじき退職する」と広まります。そのようなシチュエーションになってから、転職の気持ちが消えて、「やっぱり退職しないことにしました」と心境が変わっても、周囲の人は「一度は仕事を辞めようとした人」とあなたを見て、在籍中は、肩身の狭い思いををするおそれもあります。


  • 退職|2,3ヶ月まえに、転職したばかりなのに、入ってすぐ・・

  • ほんの2,3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにもかかわらず、あっという間に辞めてしまう選択してしまう人が結構多いといいます。それは私の考えではリフレッシュな気持ちで素晴らしい仕事環境を手に入れたものの、「自分自身の思っていた職場とかけ離れていた」「職場が受け入れられなかった」ということが理由で別の仕事を探すことが多いといいます。でもこういった転職における失敗を後悔しないためには、やはり、事前の情報集めを徹底しておく必要があります。職場内のルール、通勤にかかる時間、など前もってチェックしておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。


  • 転職先を探している期間は、趣味に時間を費やしたり、体力を損なわない様にする…

  • 転職期間のあいだは、自分の趣味に時間を使ったり、体力の向上を意識した生活習慣を取り入れると良いです。仕事が決まり、いざ仕事を再開した際に、趣味に夢中になっていたことによって無意識のうちに集中力が高められます。加えて、体力アップしているために、その場の社員と比べると疲れにくいということを認識します。そんなわけで、退職後は自分の好きなことに集中することと、体力を低下させないようにするのが何より良い事なのです。このあと、働き出した会社であなたと同じ趣味の人とめぐりあうことができれば、すぐに仲良くなれます。ですから、好きなことをとことんまで極めることも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。


  • 近頃はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」以外に・・

  • 近頃はネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、ヘッドハンティングを専門に行う会社も増加しています。「特許」を出した人などは、連絡を受ける可能性が高くなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許を出願した人に加えて、研究開発で論文を提出した経歴のある人や、雑誌で紹介された人など、何らかの業績を残したと思われる人をターゲットに電話やメールを用いて接触し、ヘッドハンティング用のネタにしています。もしもあなたが、ヘッドハンティングっぽい話が出てきたなら、そういったことが無かったか考えてみましょう。近年はヘッドハンディングと言いながら、登録料を取ろうとする会社があるのですが、完全なイカサマなので、きっぱりと断るようにしましょう。ヘッドハンティングは、企業が仲介業者に報酬を支払うので転職希望者が払う必要はありません。


  • 退職|在職中であるのなら、できれば周りの人間に気づかれないよう・・

  • 就労であるのなら、なるべく周囲に悟られないよう、(自身の例ですが)就労期間中に転職の意図だけを活動初期の段階で社内で知らせたことがありました。けど、その後求人をあれこれ見ていったものの、結局転職先のあても、転職するタイミングも無計画なまま進めていたので、いつの間にか時間を空費する結果に。挙句の果てには一方、会社の側は、業務の引き継ぎや手続き、私の退職日などが続々と確定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で転職先を探していく」という、本末転倒な展開を迎えました。ですが予定は噛み合うこともなく、失職期間を経験したのち、次の就業先を見付ける活動をはじめました。


  • 近いうちに転職される人で次の仕事をする前にある程度期間があるのなら・・

  • 年内中に転職される人で次の仕事を始めるまでに時間があるのなら、忘れずに「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。現在の会社側が「雇用保険」を支払っているのなら、誰でも失業手当を受け取れます。そして手続きについては、「ハローワーク」で行います。もしも自己都合での退職なら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、現在の会社都合の退職だったり、残業時間次第ですぐに貰える可能性もあります。このときの、もらえる「失業手当」の金額は、会社で最後となる勤務月の直近の給料を基準にして失業手当の金額を計算するのでもし、「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、理想なのは「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。


  • 新卒で入社した会社を去り、勇気を出して転職しました。

  • 新卒採用で入社した会社に別れを告げ、一歩踏み出して転職を決意しました。はじめはしばらくの間不安な気持ちになりました。ですが、新卒で入った会社を数年で辞めて、中途採用で働いている人が大多数だと転職活動をしていく中で気づき、無意識のうちに漠然とした不安が無くなりました。また1回転職したことで徐々に前向きに物事を考えるようになって、「自分の好きなこと」を見つけ出すのが楽しくなっていきました。いまだに「辞めずに続けることが普通」といった意見もありますが、それが正しいとは限らないと感じました。私の人生においては転職を決断してよかったと心の底から思っています。